ウェア

冬の釣りの防寒対策について 其の二

2018年11月19日

なんだか今日は家でずっとエミネムが流れています。

久しぶりに聞くとすごくいい。

なんかダウンロードしようかな。

こんにちは。

防寒対策其の二を書きたいと思います!


前回記事はこちら。



ミドルレイヤー モンベル トレールアクションパーカ


前回記事で次回ベースレイヤーと書きましたが、一つミドルレイヤーを忘れていました。

#すみません商品リンク探し出せなかったです。モンベルオンラインショップはこちらから。



インナーダウンの下に着るウェアです。

保温性がかなり重要な部分です。

ここのレイヤーと後述するベースレイヤーによって体感の暖かさは大きく変わると思っています。

私がミドルレイヤーに求めたのは保温性且つストレッチ性です。

ミドルレイヤーは正直あまり外にでない部分なのでデザイン性は二の次です。


めっちゃあったかー!


保温性は凄い良いですね!

裏面は起毛地なので着た瞬間暖かいです。

またフードは目以外の部分をすっぽり覆えます。

バラクラバ的な。これはまじで暖かいです。

今時期なら夜のコンビニはTシャツとこれでいけます。

地域と距離によるか。。。

埼玉ではいける。

バラクラバ状態では行かないでね。


ストレッチ性抜群


いやーこれは割と衝撃的でしたね。

めちゃめちゃ動きやすいんですよね。

会社のサークルでウォームアップ中に着ましたが、動きが全然制限されず快適です。

程よく体が暖まってきたところで脱いだのですが、後から気付きました。

なんかこいつも蒸れないやん。

どうやらストレッチクリマプラスと言う素材を使っているようで、それが功を奏しているようです。

素材の詳細は前述のモンベルさんのオンラインショップで。

モンベル推し推しですけど何も関係ありません。ええ、ただ好きなだけです。


総評


正に私が探していたミドルレイヤーでしたね。

動きやすく且つ暖かい。

唯一欠点をあげるとすれば汚れが目立つ所でしょうか。

生地的にゴミがつきやすく、洗濯とかはちょっと注意が必要ですね。

#ボルダリングの休憩中に着ようとも思いましたが、チョークが付くのでやめました!それはそもそも黒だからダケドネ!


ミドルレイヤーの使い分け


本気で寒い釣行であればスペリオダウン、トレールアクションパーカ両方着ます。

ボートで沖へ出たり、1、2月くらいの夜釣りはこの組み合わせが多かったかな。

そこまで寒くないような場合はスペリオダウンを外す場合が多いですね。

前回の桧原湖釣行はスペリオダウン持って行きましたが着ずに終わりました。

まぁ寒かったですがMAXではなかったのでベースレイヤーもただのTシャツでしたけど。



ですのでここのレイヤーは着脱がし易いものをオススメします。

ベースレイヤーは比較的厚手のもを着る事が多いですが、肌着的な位置なので脱ぐのが面倒な場合が多いです。

ミドルレイヤーでさらっと脱げると楽に温度調整が出来ます。


ベースレイヤー スーパーメリノウール EXP. ハイネックシャツ


さぁお待ちかねのベースレイヤーです。

別に待ってない?

私はレイヤリングする上で一番悩んだポイントです。

色々試して落ち着いたのが、モンベルのスーパーメリノウールでした。

またモンベルかよ!

て感じかと思いますが、だって良いんだもん!

使ってみて下さい。



#この商品に到っては商品リンク一切ヒットしませんでした。面倒ですがモンベルオンラインショップで検索してみて下さい。

そういえばどっかのアウトドアブランドが今後外部のECサイトでは自社製品売らない的なアナウンスしてたな。モンベルだったのかな。


暖かさは段違い


ベースレイヤーはかなり色々試しました。

ユニクロのヒートテック製品、無印の暖かインナー、ミズノのブレスサーモ(エブリ、ヘビー)。

どれも使うシーンによっては違う魅力があるのですが釣りにはメリノウールが最強かなと思っています。

ユニクロ、無印は暖かいですが、アウトドアで太刀打ちできる感じじゃないなぁと言うのが感想です。

タウンユースではコスパ等を鑑みとても良いですね。

ただ私が着ていたのは随分と昔なのでここ最近のものはかなり良いらしいので気にはなっています。

続いてブレスサーモ。吸湿発熱素材のウェアです。

いやこれ凄いですよね。体から発生する水分を元に発熱させるんですよ。

ブレスサーモ


確かに着てすぐなんだか暖かい感じがするんですよね。

最初おお!となりましたが、なんだか私は少しこの感じが苦手でした。

この暖かさがなーんか緊張とかで嫌な汗をかいた時みたいに感じてしまい、少し気持ち悪い感じが。

汗冷えなんですかね?

でもブレスサーモが最強と仰っている方もいるのでもう好みの問題ですね。

ベースレイヤーはかなり大事なので試着とか出来るならしっかりした方が良いです。

そしてメリノウールですが、こちらも同様に吸湿発熱素材のウェアです。

暖かさは最強でないでしょうか。

こちらも着てすぐ暖かいです。ですがブレスサーモで感じた変な感じはしませんでした。

汗冷えしたー!て感覚もなんだか今まで無い気がする。

手や足先が寒いなーって事があってもこいつのお陰で体が寒いって事が無くなりました。

#レイヤリングが前より少し出来るようになったのもあるとは思いますが。


恐らくウール素材が私の体に合っていたのだと思いますが、今までで一番快適&暖かいウェアでした!

寒くてもう帰りたい!となっていた釣行もこいつのおかげで延長です。

ただまじで暖かいので中途半端な時期に着ると大変な事になります。。。


総評


こいつは本当にオススメです。

冬の釣行の辛さが半減します。

これさえあれば真冬に流しそうめん出来る気がします。


パンツは?


パンツも基本的に考え方は同じです。

ただ私はメリノウールのタイツ+ユニクロの暖パンで今の所問題ないですね。

#ユニクロの暖パンはまじで侮れないす!防風の奴とか凄い。

何も最初からMAXのレイヤリングをする必要はありませんので、スモールスタートでジョジョに層を厚くしていけば良いと思います。


最後に


私が現時点でベストと思うレイヤリングシステムを書いてみました。

皆さんも私の情報を元に更に自分にあったシステムを組んでみては如何でしょうか。

もっこもこのミシュランマンになるも良し、暖かさを捨てたお洒落アングラーになるも良し。

個人の色が出てとても面白い部分だと思います。

あっそうそう凄い大事で根本的な部分ですが、隙間を無くすのは基本です!

どんなにバッチリなウェアを着てもサイズが合っていなかったりで冷気が入る様な事があれば台無しです。

しっかりと全体のシステムを頭で考えて、それに合ったサイズを選択しましょう。


2019/10 追記 第三弾です




-ウェア

Copyright© 荒川くん , 2020 All Rights Reserved.