道具

第一精工 ノットアシスト2.0をレビューする

2020年1月22日

私の働いている業界は一昔前までは、割と忙しいプロジェクトが多く残業や徹夜が頻発していたんですよね。最近は働き方改革やテレワークのおかげで随分と改善されましたが。

そんな感じだったのでよく自社のビルの最終退館とか、客先のビルでもフロア最終退出とかあったりしたんですよね。

で、その時も確か深夜1時近くに一人で作業していてそろそろ帰ろうかなぁなんて思っていました。

すると突然に動き出すプリンター。

謎のプリント二枚排出。

まじでビクゥ!!

ってなりましたよ。

よく自分がいるフロアじゃない所に間違って出す人がいるので、

それかな〜と思って、他フロアの状況を確認するとすでに全員退館済み。

プリントの内容は一切確認せず、そのまますぐさま帰宅しました。

あのプリント、次の日来たらもう既に無かったけど一体誰が・・・

こんにちは。

ノットアシスト大好きぃ!!


ノットアシスト2.0お気に入りです



ちょっと前の記事にて同社の糸くずワインダーについて書かせて頂きました。



残念ながら糸くずワインダーは私の性分には合わない感じでしたが、今回書かせて頂くノットアシストは私にもバッチリのアイテムです。

手順も複雑かつノットを組むスキルが要求されるFGノット。

ある程度使い方を覚えてしまえば、特に難しいことをせずとも使えてしまいます。

結構ヘビーに利用していますのでレビューしていきたいと思います。


ラインを固定しながらFGノットが組める


ラインを固定する、テンションをかけるというノットを組む上でとても重要な点をこのアイテムが補ってくれます。

商品詳細はこちらから。


私も最初は何もアイテムなしで頑張ってやっていたんですよね。

組めるのは組めるのですが中々強度的な所が慣れないと安定しないし、無風である室内でこれだけ苦戦するのに、外で組んだ際に本当に魚が取れるほどの強度があるのか等々が心配になってきまして・・・。

道具で解決できるのであればと意を決して導入を決意。


最初私が組む時に苦戦したのが、ラインを片方の手で固定しながら編み込んでいくって所でした。ちょっと気を抜くと固定している部分が少し緩んで上手く編み込めていなかったりって事が多くありました。


このアイテムがあればラインを固定する所は一切気にする必要がありません。

ほぼ編み込みだけに専念できます。

そうとなればルアーを結ぶノットとそこまで難易度の差がないです。

想像しただけでじゃ結構簡単そうだぁって感じじゃないですか?

この横着マスターの私が使っているので間違いないアイテムです。笑


これを使い出してからは結構安定したレベルのノットが組めるようになりました。まぁ実際測定した訳ではないので感覚値ですが、魚かけて結合部でラインブレイクとかはほぼ無いです。

それとノットを組んでいる時に一時中断して手が空けられたりとかも出来ます。

これ意外と便利。


ノット作成スピードは倍以上!?


あくまで荒川くん調べですが、ノット組むスピードは慣れればめちゃめちゃ早くなり、使っていなかった時の倍以上となりました。

私は今だいたい3-4分で組めます。

いや遅いやんけってツッコミは無しで。使っていなかった時はもっと遅かったんです。笑

早いかつ精度が高いノットが組めるのは現場ではかなり重宝します。

釣れない時にノットを組み直している時のモチベダウン防止にもなります!


そもそもFGノットの組み方が分かり易い&覚えやすい


私はこのアイテムを使う前からFGノットの組み方は覚えていたので問題ない部分でしたが、

組み方がそもそも分からん!

って方にも良いのかなと思います。

アイテムにラインをこの形で固定して編み込みをX回・・・みたいな感じでやっていくので、覚え易いですし前述の通りほぼ編み込みの部分のみに専念するので、なんならぼーっとしながらでも組めてしまいます。


こんな良いアイテムでも現場に忘れたら・・・


そう良いアイテム故の反動。

現場に忘れたら、悲惨。

一応FGノットの組み方はアイテムを使いながら自然に覚えているので、やってやれない事はないですがきっとクオリティはゴミでしょう。

ここはもう諦めるしかない。

頑張って手動で対応するか、現地の釣具屋で新たに仕入れましょう。笑


最後に


私は買ってとても良かったアイテムです。

ノット組むの苦手だなぁって方は検討してみると良いかもしれません。

値段がちょっと嘘だろ・・・って感じではありますが。


それでは。



-道具

Copyright© 荒川くん , 2020 All Rights Reserved.