海釣り

三浦海岸でサーフ釣行

2018年12月26日


最近はエミネムとイマジンドラゴンズを良く聴いています。

ですがしばらくガツンとヒットする音楽が無いです。

年齢的な所はあるのでしょうが、あまり探す意欲も無くなり10代の頃の音楽に対する情熱は風前の灯火です。

その点釣りはこうなるイメージが無いですね。

でもギターに夢中だった頃は音楽もそうだったか。裏方的な所で一生の仕事にしようとしていました。

果たして釣りもこうなる日が来るのでしょうか。

こんにちは。

今回は念願のサーフ!!

ヒラメメェ ェ!


サーフ釣りの憧れ



数年前に釣りを再開した私ですが、当時のメインターゲットはブラックバスでした。

今もバスやっていない訳では無いですが、今年はシーバス、ソルト関連が多かったですね。

淡水バリバリでやっていた私ですが、何故かその頃からサーフでの釣りに対する憧れがありました。

あんな良い景色の中釣りが出来たら最高だろうな・・・本当に釣れなくても楽しめそうだ。

なんて思っていました。


サーフ用ロッド購入


そんなこんなで情報取集していたら、ヒラメを釣りたくて仕方なくなって来たのは言うまでもなく。

こんな奴を仕入れてしまいました。

18ディアルーナS96Mです。

前回記事の通り私のメインタックルは18ディアルーナ86ML+17エクスセンスDCです。



こいつの使用感が私はお気に入りであったので、18ディアルーナに決めました。

正直サーフでの釣りは波をかわして操作することから10ft以上が扱い易いようですが、

出来れば色んな釣りでも流用したい事から9.6ftとしました。


18ディアルーナS96M闘魂注入


やれんのか!おい!

って事で軽く荒川中流行ってきました。

手短に書きますと、

・人生初9ft台だったがかなり扱い易い印象。なので不慣れでもそれなりに距離は出せた。

・4〜50cmくらいのシーバスはめちゃめちゃ簡単に寄せられた。呆気ないくらい。

・やはり荒川中流域では8.6ftMLで充分。

です。

軽い事もあってか9.6ftあっても比較的取り回し易く、かけたシーバスも何の不安もなくファイト出来ました。

Mって事もあって多少雑に寄せても問題ありませんでした。

#もたついていたらオートリリースされたので写真ありません悪しからず。

ロッドには今の所不安は全くありませんが、やはり荒川中流でやるには長さが気になります。

後ろの草木に引っ掛けるのではと気を使う事が多いし、やはり近距離はメインタックルと比べると打ちにくい。

飛距離も見違える程伸びたかと言われるとそうでも無いし、敢えて使う意味な無いかな。

まぁ使い分けを考えて購入したロッドなのでそこは問題なし。

荒川で使った感想はこんな感じでした。

実際のサーフでは如何に。


行けばわかるさ三浦海岸



神奈川県三浦半島にある海岸です。

投げ釣りはキスやカレイ。

ルアーではシーバス、ヒラメ、マゴチ。なのかな。

果たして釣れるのか。

でも楽しそう。

ありがとうー!!

三浦半島には観光も含めて良く来ている所でなかなか良い場所です。

マグロとかも有名ですかね。


早朝の三浦海岸の狙いはヒラメとマゴチだ!おいこら!


大本命はヒラメだけども、三浦海岸の個体はそこまで多くない模様。

ただその代わりマゴチは比較的多いとの事。

ミノー、ジグ、ワームを駆使し丁寧に探っていきます。

幸い先行者が誰もいなかったので、かなり歩きながら広範囲に探っていけました。

ここでこのロッドの操作性の良さには満足出来ました。

長い分ジグを付けての遠投、波をかわしての操作・ボトム取りは比較的やり易かったです。

まだまだ慣れていない所が多いので、感覚が掴めてきたら改めて書きたいと思います。

肝心の釣果は

・・・無。

ベイトも無。

全く生命感が無かったですね。大潮の筈なのに・・・

途中から釣り人が何人かいらっしゃいましたが、皆様マイ船でかなり沖まで出てらっしゃいました。

この事から接岸してくる個体はかなり少ないんかなぁなんて思いました。

確かに地形的な変化もキャスト出来る範囲にはあまり無かったですし、魚着くイメージがあまり出来ませんでした。

離岸流なんかも見付けられませんでした。

完全にサーフど素人目ですが。

と言う訳で一旦サーフは夕まずめにリベンジする事とし、別ポイントへ移動。


一級磯 ●●狩



三浦半島の中でもかなり有名な磯です。

更に比較的エントリーし易い且つ、広い磯であり磯ビギナーにもチャレンジし易い磯です。

#他と比べるとチャレンジし易いですが、ライジャケ・滑り難い靴は必須です!

画像を見てもわかるかと思いますが、落ちたら危険が危ないです。

釣れる魚はメジナやクロダイ、イシダイ等がのメインのようですが、今回は隠れた狙い目であるロックフィッシュをやるのだ。

この磯自体もそうですが、磯手前にタイドプールみたいな所が多々あり、根魚がとても住みやすそうな環境が点在しています。


ジグ、ブラクリで穴責め


私はジグ、同行者はブラクリでイジメ抜きます。

すると同行者に・・・



可愛いー!!

クロソイ君ですかね。

私も良型を狙ってジグを打っていきますが何事もなく。

そうこうしている内に雨が・・・


無念の撤退


雨がどんどん強くなり、流石に釣りが出来ないレベルになってきたので撤収しました。

折角来たのに釣りは3時間くらいしか出来なかった。。。

サーフの釣りは反省点が多いですね。

闇雲にキャストしていて全然狙っている感がありませんでした。

フォロワーさんにも地形の調査が重要と教えて頂いたので、次回までに色々と下調べを完璧にし望みたいと思います。

なんとしてでもヒラメリベンジしたい。

年末休みにリベンジ出来るだろうか。次回は房総に行きたいな。

うーん元気があればなんでも出来る!!

待ってろヒラメ!


2019/1/14追記

リベンジしてきました!

-海釣り

Copyright© 荒川くん , 2020 All Rights Reserved.