海釣り

富士エリアサーフでライトショアジギング

2019年9月18日

ブログ始めた当初、ちっちゃいノートpcでも買おうかなと思ってたんですよね。

記事更新もいろんな作業も楽だし。

で購入しないまま1年が過ぎました。

釣り具にはノートpc以上に金掛けてるのに…。

多分買わないなこれ。

こんにちは。

今回はサーフだ!青物だ!


富士エリアのサーフへ



友人が富士エリアのサーフを模索中であったので、私も同行する事にしました。

全く知らないエリアなのでネットでいろいろ調べましたが、結局ネットに出ている情報なんてあまりあてにならない事も多いし、行ってランガンや!

となりました。


この記事でもお魚は登場しますが、ご覧になっているタイミングではもう古い情報かもしれないです。鵜呑みにしても釣れないかもしれない…本当に大丈夫か…地図とか地形とかみるとこっちのが良くない??

等々疑ってかかる方が結果的に釣果に結び付く気がします。

ネットの情報はあくまで参加までに。

こんな記事を書いておいてなんですが。笑


朝まずめでポイントイン



朝まずめでポイントインしました。

地元アングラーもちらほらいらっしゃったので、悪くない雰囲気でした。


ただ地元の方の釣りをチェックしているとジギンガーは少ない様子・・・。

うーんポイントしくったか・・・。

でも今日はジグをぶん投げたい気持ちであったので迷わずジグをセットです。

釣れたジグは後述します。


早速ワカシがヒット



ワカシサイズではあるけども嬉しい1匹です!

ボトムに落としてからかなり早めのワンピッチジャークでガツン!

でした。


この後イナダクラスの個体が結構ボイルしていたので、爆釣かと思いましたが沈黙。

地元アングラーの方が一人イナダを釣り上げて試合終了って感じでした。

この方、私達が遠征組と悟ったからか、親切に魚の溜まるエリアを教えて下さいました。

なんですかね、静岡の人って皆仏なんですかね。いつもありがとうございます。


その後はオオモンハタが連チャン



サイズはマックスでも25ぐらいでしたが、飽きない程度に釣れてくれました。

キャッチは5匹でバラシやヒットを含めると二桁ぐらいだった気がする。


どうやらハタマンションが点在していたらしく、あるポイントで1匹かかると連チャンする仕様のようでした。

ヒットはいずれも着底から数回シャクって巻き上げてからのフォール中でした。

スイミング系が効きそうな雰囲気もあったので、シャッドテール系のワームとかプラグでも楽しかったかもしれないですねー。


釣れたジグたち


今回魚からの反応があったのはこの辺りのジグでした。



久々のサーフジギングだーとテンションが上がり、タングステンを生意気にも二つ購入しました。

タングステンはやはりかなり調子が良かったです。

・・・両方ロストしたけどね・・・。


この日はカラーとかはそこまで重要な感じでは無かったですね。


釣れたのはこんなタイミング


写真の魚だけ抜粋して見てみます。

ちなみにこの日は中潮でした。



ワカシ

やはり青物はズバリまずめ時って感じですね。

海的にもこの時間帯が一番騒がしかったです。



オオモンハタ1
オオモンハタ2
オオモンハタ3

面白い事に似たようなタイミングですよね。

この日のマックスサイズのオオモンハタは朝まずめ終わったかなーってタイミングで出ました。


最後に


数的には大満足の釣行となりました。

悔やまれるのはあのボイルしまくっていたイナダを仕留められなかった事ですね。

次回はしっかりキャッチ出来るように作成を練っていきたい所存です。

それでは。


-海釣り

Copyright© 荒川くん , 2020 All Rights Reserved.