トラウト

エリアトラウトで虹鱒を狙う

またまたまた期間があいてしまいした。


仕事が中々落ち着く気配がありません。来年3月頃までは激遅更新となってしまうかもしれません。


まぁ釣りに行く時間とかボルダリングする時間を削れば書けるんですがね・・・


そこは本末転倒って事で大目に見てください。


こんにちは。


今回はほぼ初のエリアトラウト!!


まずは直近釣行の振り返りを

記事書きたいと思っていて出来ていなかった直近釣行をいくつか簡単にシェアします。


ツイッターではちょいちょいツイートしているんですがね、どんな状況で釣れたとかどんなルアーで釣れたとかは記事で細かく書きたいなーとは思っているのです。


誰かしらのヒントになればいいなーと。なので今回は簡単に釣れたルアーだけ書いてきます。


ペンペンはDUOのドラッグメタルキャストスローの30g。

オオモンハタはジョルティの14g。


河川、運河のシーバスは、ワンテンJr、バクリーヘッド+アルカリシャッド、X80等々。

サーフシーバスはアオモノキャッチャー、イワシロケットあたりでした。


その他いろいろ呟いていますので、気になるもの好きの方がいたらツイッターへどぞ!


ツイッターフォロワーさん、友人とエリアトラウトへ

今回は以前一回荒川シーバス釣行でご一緒した@shinduism_fishさんと私の友人でエリアトラウトへ。


@shinduism_fishさんは釣りも上手くて知識も豊富で本当にいい子ですね。


私と一回りぐらい年は離れているのですが、私が彼ぐらいの年の時なんて全人類を斜に構えて見ていたよ。


当時の私がこんな感じで知らない人と釣りに行っていたら、彼みたく大人な対応は出来なかったであろう!!



とまぁ前置きは置いておいて、今回の場所は加賀フィッシングエリアです。

広大なポンドと、良水質(地下の湧き水で魚にベストなコンディション)で有名なエリアなようです。


まぁこんな所だから余裕で釣れちゃうだろ!!


って事で意気揚々と攻めて参りました!


荒川くんのタックル、ルアーデータ

今回はこんな感じで行ってみました。


ロッド:アブガルシアホーネットスティンガー HSS-664L MGS

リール:14カルディア2506h、16アルデバランBFS ※ベイトロッドはお借りしました。

ライン:KUREHA シーガーPEX4 LURE EDITION 0.3号 + シーガーR18 フロロリミテッド3lb

ルアー:スプーン(1g、2g、3.5gでいくつかカラー展開)、クランク(ふわとろ等々)、フェザージグ


って感じで基本はスプーンで展開して、途中クランキングを混ぜていこうという作戦でした。


事前の不安面は2506クラスのリールだとちょっとタックルバランス悪いのではなかろうか・・・


BFSリールをちゃんと扱えるだろうか・・・(バス釣りがっつり時代以来)


PE0.3号の細糸を扱えるだろうか・・・


なんて感じで楽しみではありましたが、新しい釣りをする時あるあるの悩みが尽きない状態に・・・笑


いざ実釣

考えてても釣らなきゃ意味がねぇんだよ!!


って事でいざです。


一番人気そうな入り口すぐ横の池は人多すぎでとりあえず見送り。


その隣の池はほぼ人がいなかったのでそちらで始めることに。


ボイルもちょこちょこあって生命感もあるのに、ここまで人がいないとなんか釣れない理由があるんじゃないかと激不安に・・・


まぁとりあえず投げなわからん!って事でまずは軽めのスプーンから。


えぇフルシカトです。あんな生命感あるのに私のスプーンをガン無視よ。


これはやばいよぉ・・・なんか経験あるよぉこれ・・・


と胃が痛くなりそうな所で、なんと友人が第一投でキャッチ!!


まじかよ!ふざけんなよ初心者がぁぁあ!!(自分も)


釣れたルアーを聞くとフェザージグとの事。


私もさっそくフェザージグに変えてチャレンジも無・・・。


ふえぇゲ〇吐きそうだよぉ・・・



そんな中爆釣りする猛者が・・・

えぇ@shinduism_fishさんですよ。


もうまじで釣る。


他の人がどんどんにじり寄ってくるぐらい釣る。笑


人生の先輩である荒川くんに配慮してちょっとそんな釣らなくてもいいんだよって思いましたが、圧倒的スキルでしたね。


通すコースも飛距離もルアー選択やローテーションも、結構考えて組み立てられているようでした。


エリアトラウトだしって少し舐めてかかっていたので、教えを請い忠実に実践すると・・・


待望の初エリア鱒様!

かっこいい・・・美しい・・・。


確か一匹目はスプーンの反応が悪いので、表層クランクで引き波気味でやると調子いいってアドバイスを貰ってそうしたら釣れたかな多分。


なぜ記憶があやふやかと言うと、私や友人でもリリースや足元バラしとかを含めると30匹近く対応したから。


まじで楽しい!!


この日のポイントとして遠投出来る事はかなり有利なことは間違いなかったのですが、数匹釣ると本当にすぐスレるので上手いローテーションを組むことが結構重要だなと感じました。


もちろんレンジも活性が下がるにつれて一緒に下がっていったのですが、下がり切っちゃうとまじで無になるのでそこは人間も休憩したほうが良さそうでした笑


魚の活性が高いうちに溜まっているポイントへキャスト出来て、上手いローテーションを組んでいった方が効率的に魚をキャッチ出来そうな雰囲気でした。


よく聞くスプーンのグラム違いってよりかは、重めのスプーンのカラーや形状違いがこの日の私の釣果は良かったです。


いやーでも私一人でやってたらボウズの可能性があったような・・・おーこわ。


どんな釣りも同じ、変化に魚はつくよね

この流れ込みに結構魚がついていました。


これはシーバスとかと近い感じでイメージはし易かったですね。


ただルアーはまじでセレクティブ。


サイト出来るので、一瞬反応して見切ったり追ってきて食わない所が丸見えです。


ただどうにも出来ないかと言うとそうでもなく、ルアーをいろいろローテーションさせたりコースを変えたりするバイトが出ます。


これはまじで楽しかった。笑


ゲームフィッシングの醍醐味を味わった気がします。


最後に

としまえんのプールトラウトでかるーく2,3回やった事はありましたが、こんな感じのトラウトは初めてでした。


いやー楽しい。


今年の冬の釣りの候補にいれてもいいかも。


なんだかんだ普段のシーバスとかに流用できる事も多そうですし、あとは魚をたくさん掛ける、ファイトをするってかなりいい経験値。なかなか普段の荒川中流域ではこうはいきません。


皆さまも是非今冬はエリアトラウトへ!!


それでは。

-トラウト

Copyright© 荒川くん , 2020 All Rights Reserved.